×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

雑貨屋ブルドッグとは?@

雑貨屋ブルドッグはファンシー雑貨の小売チェーンの株式会社です。1976年10月に設立され、資本金は2006年12月12日現在で20億6656万円。従業員数426名。(2006年8月31日現在)、売上高は262億円。(2006年8月期)雑貨屋ブルドックは法人を相手にソリューション(物流)の営業を行っている会社で、ソリューションの業界で注目を浴びている会社です。雑貨屋ブルドッグのその成長振りは、同業界の記事や、新聞でも取り上げられ、ここ数年のソリューションを大きく変える試みをしていると言う事で大きく掲載されています。実際に、雑貨屋ブルドックの取締役社長も「競合相手が少ないので大きく発展できた」という程、全く新しいスタイルで事業を行っています。そして、この雑貨屋ブルドックがこんなに急成長したのは、「魅せるGIFTINGの発信基地として、他に類例を見ない新しい業態を生み出し、発展を遂げてきているからで、実際に競合相手が少ない為、雑貨屋ブルドッグはこのような急成長をしたそうです。

雑貨屋ブルドッグとは?A

ファッション雑貨店「雑貨屋ブルドッグ」と生活雑貨店「ザナード」をチェーン展開し、アクセサリー、インテリア小物、パーティグッズ、文房具など雑貨類の販売を手がけている会社で雑貨屋ブルドッグの、店舗数は2月末で計162店舗あり、中部、九州、関東に多く店舗を構え、郊外型店舗で主に展開しています。雑貨屋ブルドッグは大型直営店が主力となっていますが、FC展開もしています。雑貨屋ブルドッグは他の企業がおいていないファンシー雑貨を店舗におき販売を始め、雑貨屋ブルドックは、創業当時から午後11までの営業を行い、ターゲット層の幅を広め、特にコアターゲットとして18〜22才の女性を中心に販売を拡げ、雑貨屋ブルドッグは「来て楽しい」「見て楽しい」「買って楽しい」というショップコンセプトで、お客様や地域社会に「ファッション性やトレンド性」に富んだ商品を提供することで、雑貨屋ブルドッグは「夢」と「感動」そして「楽しさ」を、いち早くお届けできる企業であり続けることを目標とし、全国展開しています。

雑貨屋ブルドッグ商品

「雑貨屋ブルドッグ」は「夢と楽しさと感動を追及するギフトショップ」であり、雑貨屋ブルドッグの店内はアクセサリー等ファッション雑貨を始め、仮装・パーティー用品といったバラエティグッズ、電池で作動する小型玩具等、雑貨屋ブルドッグは幅広い商品を揃えてにぎやかでボリューム感のある売場づくりを重視し、18〜22歳の女性をコアターゲットとしつつも、雑貨屋ブルドッグは老若男女を問わず、幅広い顧客が「見て」「買って」楽しめる店づくりになっています。雑貨屋ブルドッグはファンシーを卒業した、大人のお客様にも存分に満足してもらえるような店舗を」と郊外での深夜営業にもこだわっており、雑貨屋ブルドッグは広々とした店内の宝飾やファッション雑貨はもちろん、ライフスタイルを豊かに彩るアイテムなど約3万点の豊富な品揃えで、雑貨屋ブルドッグは商品を「あえて乱雑に見えるように陳列する」ことで、見せ筋の商品を創出する演出も実践しています。雑貨屋ブルドッグは店舗全体を巨大なショーケースに見立てて、お客様が心から楽しめるディスプレイを推進しています。

Copyright © 2008 雑貨屋ブルドッグが何よりも最高なんです♪